閑話休題

最近は新学期スタートの時期か、お問い合わせや直接のご訪問をよくいただきます。その際に、ご案内差し上げるのは写真の応接室です。教材や備品が相当数あり、「応接」としては忍びない側面もあるのですが、思い切ってご案内いたします。そこで少しお気持ちを楽にされるのが写真の絵画、1つ(右)は道内の絵師、伊藤兼造さんのメルヒェンタッチのパステル画、そしてもう1つ(左)は西川洋一郎氏のリトグラフ、どちらも訪れた方々の心を和ませている「名画」です。HP管理者はどちらの作家もとても気に入っています。もし四谷にご関心があって、訪れる予定の方は是非、応接室に足を伸ばしてください。実に温かい雰囲気が待っています。

2015.2.27 0022015.2.27 001