2.21官と民のコラボ「教育シンポジュウム」開催!

2月21日(土)、実行委員会主催で「教育シンポジュウム:北海道の子どもたちの学力を考える」を開催いたしました。会場のホテルニューオータニには、教育関係者や保護者の方々百数十名がお集まりになり、熱い議論に耳を傾けました。基調講演では「北海道の子どもたちの学力は本当に下位レベルか、そうではなく、公立王国北海道で私学や中高一貫校が未成熟だからでは?」という提起に対して、道教委さんは「オール北海道」という取り組みスタンスの下、地域間格差・学校間格差の改善に取り組んでいること、立命館慶祥中は予想される進学実績が北嶺さんに匹敵するレベルを示すことで、更に民間テスト団体進学舎さんは、「未来に生きる子どもたちに必要なこと」として多岐にわたる問題提起を行い、最後に練成会グループ塾長からは「官と民の教育連携と塾文化の新しい創造」と提言があり、北海道の学力向上に向けて異なる分野が垣根を越えて取り組んでいくことを宣言しました。初めての試みに相応しい斬新なシンポジュウムになりました。ご参加の皆さま!誠に有難うございました!!

IMGP0617IMGP0541