9.27札響の名演!練成会グループは応援します!

練成会グループは地元のオーケストラ、札幌交響楽団を応援していますが、先週26日(金)27日(土)とその定期演奏会がありました。今回の演目はモーツアルトのP協奏曲23番とブルックナー交響曲第6番、特に後者は近年、聴いたことがないくらいの名演でした。所謂ブルックナーテンポ、悠揚たるテンポながら非常に緊張感のある演奏で、時に爆発的金管の咆哮を伴いながら、全てが指揮者児玉宏氏の掌握の下で曲は進行し、フィナーレは全てのセクションが全精力を叩き込んだ圧巻!聴衆はブラボーと惜しみない拍手で名演を讃えていました。今後も、練成会グループは札幌交響楽団を応援して行きます。ブラボー!札響!
2014.9.29