3.28春期講習会「情熱授業」を展開中!

春期講習会も中盤を迎えて、四谷講師陣も益々指導に熱が入っています。本部校の2階、A教室では今日も最上位クラス、6T(トップコース)クラスで四谷国語科リーダー、廣田講師が随筆文の講義を展開、随筆文の読解ポイント(作者の言いたいことは何なのか)を丁寧に説明しながら、同時に文学史的解説も付加、入試国語に相応しい講義を行なっていました。来年2月、東京開成中や麻布中、澁幕中、そして雙葉中などにチャレンジしていく可能性をもった、実力派ぞろいの6Tクラス!来年に向けて既に着々と難関中攻略の青写真を示しつつある、授業風景でした。ガンバロウ!「未来のリーダーたち」!

2013.3.28 002

3月26日四谷大塚NET麻生校、授業スタート!

いよいよ、3月26日(火)より、四谷大塚NET麻生校が開校になります。既に内・外装工事を終えて写真の通り、ピカピカの教室、お客さま用カウンター、そして面談室等、仕上がっております。学習塾には見えないデザインを施しながら、生徒用空間をふんだんに確保、生徒同士の会話・コミュニケーションも進むと思います。春期講習そして4月新学期からは小3から小6までのクラス開設が見込まれております(開成中受験コース含む)。
来週からの授業に是非、ご期待ください。
DSCF2091DSCF2086DSCF2089DSCF2111

3.17麻生校開校記念特別講演会実施!

 3月17日(日)麻生校開校記念講演会を実施いたしました。練成会グループ麻生校をお借りしての講演会、午前10時には教室を埋める方々にお越しいただき、「公立小(附属小)から中学受験、その選択の道」と題して講演を行ないました。公立中から市内公立トップ高への選択の道、附属中から公立トップ高への道、そして中高一貫校という選択の道、それぞれの選択におけるメリットやデメリットを数値データから提示、特に大学受験において際立ってくる選択の差異、進学実績を巡る差異は誤った選択を極力避けたいと参加者の皆さんに大きな共感読んだようでした。26日からは麻生校が本格的に稼動していきます。本日はそのためのオリエンテーションも実施いたしました。期待と志望に応えるべく高いレベルの校舎運営を実現してまいります。ご参加の皆さま、有難うございました。
2013.3.17麻生校講演会 0012013.3.17麻生校講演会 004

3.9父母のための入試オープンレクチャー開催!

3月9日(土)、北海道本部校にて、「父母のための中学入試オープンレクチャー」を開催いたしました。2月に続いて、本部校講堂を埋めた110名をこえる保護者の皆さまにご参加いただき、道内入試の総括、そして首都圏入試総括をレクチャーいたしました。特に、首都圏入試で見事勝利を収めた生徒たちの保護者さまが語る、「合格の秘訣」はご家庭における「家庭内戦略」を具体的に提示、その教訓はご参加の皆さんに、静かに確実に浸透していったと思います。特に、最初はご家庭でレールを敷きつつも、最後は本人の切実なテーマになった「開成中合格」!その秘訣は9月、どん底を味わった合不合テストからの脱却でしたが、それを演出したご家庭、また夏休みまで届かなかった合格可能性を「家庭内(学習)指針の提示」、短期、中長期の目標設定とその実行をやり遂げて、見事「慶應中等部」合格を果たしたご家庭等、そのケーススタディは各ご家庭の成功例でありながら、ご参加の皆さん方に広く浸透していったと思います。ご出演いただいたお母さま方、またご参加の皆さま、今回は誠に有難うございました。

DSCF2063DSCF2064

新小1・2年スーパーキッズチャレンジテスト実施

3月2日(土)、新小1・2年「スーパーキッズコース・チャレンジテスト」を実施いたしました。北海道本部及び新札幌校に集まった40数名は、初めて見る難問に頭をひねりながら、一生懸命取り組んでいました。また当日、本部校6階では「保護者会」も同時実施、今期の四谷大塚NETの合格実績に一様に驚かれながら「小学校低学年から考える中学受験」というテーマでお話しする、国語科リーダー廣田講師の説明に、皆さん深く頷いておられました。特に今年の首都圏入試から考える問題分析とスーパーキッズコースで指導する内容の結びつきには、改めて驚かれたようです。これからも、年数回、こうしたイベントを提供していきたいと思います。ご参加いただいた皆さま、有難うございました!

スーパーキッズ 005スーパーキッズ 002