新中1、東進中学NETで先取り中!

 新中1にとっては、進学準備で忙しい日々ですが、四谷の卒塾生たちは、北海道本部校の7階、「東進中学NET」で中学校の先取り授業で充実した毎日を送っています。見事!志望中学に合格した多くの生徒たちは(首都圏合格組も含めて)、特にご無沙汰していた英語を中心に中学内容を進んでいます。また数学・国語は得意分野、こちらも2月・3月で、夏休み前くらいまで進む計算でしょうか、楽しんで東進を受講しています。

1月(or2月)に受験を終えた生徒たちが陥りやすいのは、合格後、急速に目標を見失うこと、恐らく受験高揚期、1日4・5時間は平気で勉強していた子たちが、合格後ピタリと勉強をしなくなる・・・・・実はこうした「空白」を作り出さないという目的もあって、2月・3月、東進中学NETで先取り学習を行なっていただいております。その成果は・・・・入学後、どの中学も「学力テスト(学力推移調査)」を実施しますが、学年上位を目指していく意欲が見え始めていることで明らかです。 

東進中学NET 001東進中学NET 002

新麻生校新規開校!

 3月春期講習より、四谷大塚NET麻生校が新規開校になります。麻生校は麻生エリアの中心、麻生町6丁目に開校となります。近隣の小学校にお通いで中学受験を目指す方々にとって、また附属小生にとっても、新琴似駅下車5・6分で到着できる利便性の非常に高いロケーションにあり、今まで北海道本部校にお通いになっていた方々もこちらで受講可能です。春期講習は新小2~新小6まで開講し、また「開成中受験コース」も麻生校で開講予定です。四谷大塚NETの優秀な講師陣を配置し、受験に必要な学力を十分身につけるようシッカリ指導させていただきます。新麻生校にご期待ください。
Asabu_Map
 

2月9日(土)中学入試オープンレクチャー

 2月9日(土)、北海道本部校で「父母のための入試オープンレクチャー」を開催し、北嶺中の谷地田教頭先生、立命館の久野副校長をお迎えして、「2013年度道内中学入試総括」と題した講演・トークリレーを実施いたしました。開会に先立ち、四谷代表から今年の首都圏入試の成果に言及、開成中・麻布中・慶應中等部合格の報に、「凄い!」という声が上がりました。講演会では、本部校講堂を埋めた100余名の参加者は、難易度アップした北嶺入試の実態、特に道外勢の伸張=石狩管内の減少、昨年を1P以上アップした入試に驚きを隠せない様子でした。また昨年のSPコース開設に続いて、今年も立命館人気は続き、特にSPの3倍を超える倍率及び合格者平均の偏差値では北嶺に並ぶ数値で、こちらも入試実態に驚きと厳しい受け止めに終始していました。最後に各校から、6年後預かった生徒たちをここまで引き上げる、「東大○○名!国公立大医学部○○名」という公約も飛び出て、大いに期待と賞賛で盛り上がった講演会になりました!各先生方、今日は誠に有難うございました!
ご参加の保護者の皆様、有難うございました!
DSCF2045

開成中合格!麻布中合格!慶應中等部合格!

2月1日(金)首都圏(東京・神奈川)入試が始まり、今年も北海道から四谷生がチャレンジいたしました。結果、東大合格者数全国ナンバーワンの開成中に1名!同じく御三家の1校、麻布中にも1名!更に首都圏名門中の「慶應中等部」にも1名と、超難関中の合格報告が上がっています。他にも、青山学院中等部2名早稲田高等学院浦和明の星中明大明治中、学習院中、巣鴨中、など難関校に続々と合格報告が上がり、北海道の子どもたちが四谷大塚NETで本格的に学習することで、全国入試、最難関中学入試でも十分その力が通用すると今年も立証されました。また、文科省の学力テストを見るまでもなく、地方の教育格差が著しく開く中、難関中学にチャレンジすることで北海道の子どもたちの学力レベルを引き上げていく、今後もそのような機会にしていくよう、頑張ってまいりたいと思います。
合格した四谷生諸君!本当におめでとう!そしてご苦労さま。東進中学NETでも頑張っていこう!!
2013実績