9月16日第1回合不合判定テスト実施!

9月16日(日)、第1回合不合判定テストを実施いたしました。既に日曜特訓も始まり、受験勉強も本格的な追い込み時期を迎えて、小6受験生の日々の学習も一段と熱を帯びています。そうした中、今期最初の「合不合判定テスト」を実施いたしました。道内中学受験にあっては、北嶺・立命館・大谷英数選抜等のトップレベル中学志望者の約半数が合不合判定テストを受験し、その意味では、既に「全道統一合格判定テスト」の性格を帯びつつある同テストですが、北海道本部校には約100名の受験者が集結しました。

また同日は、北海道本部校には大谷中学の種市校長先生、新札幌校には金吉教頭先生をご招待し、大谷中学校説明会も開催いたしました。種市先生からは大谷中学の学校理念のお話があり、「夢をもち、夢を叶える」ために中学校生活で頑張ることの大切さ、また「大谷の実績」について、「大谷の学習システム」の特徴についてのお話がありました。生徒たちは目を輝かせながら先生のお話に聞き入っていました。夢を叶える為に、志望中学が定まった機会になった受験生もいたようです。種市先生、金吉先生、大切なお話を生徒たちに、有難うございました!

9月15日(土)立命館ツアーに行ってきました!

9月15日(土)、昨年に続いて「立命ツアー」に行ってきました。今季初の学校ツアー、立命館慶祥中に向かうのは
総勢60名近く、昨年以上の生徒が本部校前に集結しました。一行は新札幌校を経由して立命館に到着したのが10時前、生徒たちは校舎内へ入るやOB・OGの方々による合唱やブラバンの歓迎演奏を受け、ビックリ!続いて授業紹介、そしてOB・OG等との交流をへて、食事会を兼ねた歓迎レセプション。ここでは田端校長先生そして、久野副校長先生の熱烈なメッセージ(ラヴコール?)をいただき、生徒たちは大満足!「立命館の6ヵ年」の説明ではSPコース他の実績や将来を見据えたグローバル教育のスケールに感動!美味しい食事とともに立命ツアーの大感動は末永く心に残るものとなりました。田端校長、久野副校長、そしてさまざまお手配いただいた入倉先生、本当に有難うございました!OB・OBの皆さん!有難う!待っててください。

9月2日(日)組分けテスト&藤女子学校説明会

 9月2日(日)、今期小6にとっては最後の組分けテストを実施いたしました。夏期講習の成果を示そうと講堂を埋めた生徒たちは、一心不乱に問題に取り組んでいました。また、今回は中学説明会の第4回目、藤女子中高の渡辺教頭先生、本堂先生をお迎えして「藤女子中高等学校について、その魅力をタップリお話いただきました。本堂先生からは「中学生になって一番心配することは?」「そう中学校生活で友人ができるかなと言う点、でも藤女子は女子中、その心配は無いんだね」と女子中らしさを強調。また最近は、東大・京大・国公立医学部に毎年数人送り出し、また北大他難関国立大にも十数名送り出す、藤女子中高の進学実績も十分生徒に伝わっていきました。伝統校であり、さまざまな取り組み成果も披露され、藤女子がとても身近になったようです。
最後に、本堂先生は理科教育の一環として、飼育されているハリネズミを生徒たちに披露、とても愛くるしいその姿に黒山の人だかりでした。渡辺先生、本堂先生、今回は有難うございました。