7月21日(土)小2~小5保護者会実施しました

7月21日(土)、1学期最後の「保護者会」を北海道本部校で実施いたしました。当日は夏期講習のオリエンテーションや週テストが絡むタイトなスケジュールの中で、小2~小5の保護者のみなさまにお集まりいただき、①夏期講習の迎え方、②1学期運営総括、③最近の入試情報と難関中学の変化等について、情報共有を行いました。特に小5では北嶺入試の変化(専願&併願の導入)、立命館SPの高い入試レベル、札幌日大の習熟アクティブクラス導入等に関心が集まり、また小2・3年では、全統小で決勝大会に選ばれた大廣舞さん、高橋咲絢さんのご家庭での勉強の様子が紹介され、「小さい時から勉強をしなさいと言ったことはない」というお母さんの言葉に一瞬、ため息がもれていました。次回は小6は11月に、小2~小5は1月に保護者会を実施する予定です。いつも多数のご参加を頂戴し、誠に有難うございます。ご家庭との情報共有に今後も努めてまいります。

Continue reading

7月8日(日)合不合予備テスト&立命館慶祥説明会実施

7月8日(日)、北海道本部校及び新札幌校で、第2回合不合予備判定テストを実施いたしました。
9月からの本格的な模試、「合不合判定テスト」に向けて2回目の模試、小4からの全範囲で全受験者頭脳の限界にチャレンジしました。
同時にこの日は、立命館慶祥中「学校説明会」も開催、本部校には久野副校長、新札幌校には横澤先生にお越しいただき、さまざまな立命ツールを駆使しつつ学校の魅力を語っていただきました。本部校では久野先生がお得意のパフォーマンス、生徒が作成したロケットを生徒の前で披露、また海外研修旅行の秘話も多数披露、マレーシアコースでは母親を密猟者によって失ったオランウータンのドリーのお話、ベトナムコースでは今も戦争の後遺症で苦しむ子どもたちの話、さまざまに悲しくも心温まるお話に生徒たちは大感動!!でした。
久野先生、横澤先生、とっても良いお話、有難うございました。

7月7日(土)開成中模試「解説・学習会」実施!

7月7日(土)、北海道本部校にて「開成中模試・解説学習会」を実施いたしました。当日は午前9時から、11時、13時、15時と4部制で実施、市内受験者約300名のうち、多数の方々が参加され開成中模試の問題解説及びデータ(全体順位・偏差値・合否ライン等)に熱心に耳を傾けていました。特に、今回の模試で定員の2倍に達したこと、よって2年後には相当数の倍率になること、また全国統一小学生テストとのドッキングデータにより2年後の合否ラインが示され(初めて公開されました)、「開成中模試」に相応しいデータ提供となりました。
ご参加いただいたみなさま、有難うございました。

海陽学園・立命館慶祥・札幌日大3校同時講演会開催!

6月30日(土)、北海道本部校にて「立命館慶祥・札幌日大・海陽学園」の3校同時講演会を開催いたしました。
当日はお席60席限定で実施、まず最初に立命館からは久野副校長先生が演台に立ち、最近のめざましい合格実績と進学先大学、またSPコースの運営とその展望、そして海外研修やグローバルな視点での指導等、立命館ならではの特色を一杯聞くことが出来ました。続く、札幌日大は沖田副校長先生が登壇され、札幌日大の日大らしさ目立たないけれども堅実な運営、生徒一人一人に目をかけた運営が紹介され、特に習熟度別アクティブクラス制は大きく関心を呼びました。
最後に、海陽学園、佐藤ハウスマスター(全寮制のいわば寮監)・進路指導部長加納先生が第1期生の合格実績(開校1期生の東大二桁はここ数十年ない)もさることながら、全寮制が如何に子どもたちを鍛えるのか、そのために海陽中が何をどう用意しているのか、自信たっぷりに語りかけ、場内は興奮と熱気に包まれていました。
旧制高校をイメージさせる全寮制中高一貫校、その大志どおりの成長を期待するのは私たちだけではなく、保護者さまも同じであることを痛感したイベントになりました。諸先生方、誠に有難うございました。