12.23附属中入試激励実施!

12月23日(日)中学入試の第1弾、附属中入試が行われました。早朝7時半、あいの里の 附属中前に集結した四谷大塚NET講師陣は、マイナス10℃近い寒風の吹く中、大切に 指導してきた生徒たち一人一人に「激励」の声を送り、開門直前に到着した本部6HBと新札幌の生徒は先生たちと「ガンバルゾー」と気勢を上げる。そして、先生たちの檄布ならぬ「檄プリ」を一人一人に手渡しました。午前8時前、全ての生徒たちの入場を確認して附属中を後にしました。最後に、帰り際、「柳渡先生!無事K太は入場しました」とお声がけくださったお父さま、有難うございました。これから、1月入試、そして首都圏入試にチャレンジしていく受験生!全力を尽くして合格を勝ち取れ!

 

12.16(土)冬期講習オリエンテーション実施

 12月15日(土)冬期講習会オリエンテーションを北海道本部校にて開催いたしました。早期申込者には既に1日、実施済みでしたが、今回は2部制で実施。小1~小3生は約60組の方々が参加されて、教材や授業の進め方、またスーパーキッズコースののコンセプトなどをご説明いたしました。特に、小学校低学年はある意味、受験学年以上の重要な時期で、学習に対する基本姿勢や基本動作を身に着けるとき、この時期に如何に「興味や関心」を育みつつ、学習の継続性やルール化を推し進めるべきか、この講習会を機にご検討いただきたい旨、提案させていただきました。ご参加の皆さんは、四谷大塚NETのスーパーキッズコースに確かな手応えを感じておられるようでした。シッカリ、着実に力をつけるよう、指導させていただきます。ご参加のみなさま、有難うございました。
 

第4回合不合判定実施!四谷先輩から入試激励!

12月9日(日)、今年度最終回の合不合判定テストを実施いたしました。既に、道内中学受験では「全道統一合格判定テスト」に相応しい受験者にまで成長している同テストですが、四谷生も今回は百数十人が受験、本番まであと1ヶ月に迫ったこの日、緊張感で一杯の受験会場でした。また、この日はテスト終了後、現中1の元四谷生が4人駆けつけ、「後輩たちへの激励会」を実施、現役東進中学NET生でもある先輩のアドバイスを一言も聞き漏らすまいと熱心に耳を傾けていました。特に、これからの(直前)学習法や受験当日のアドバイスには、先輩の成功体験に裏付けられた迫真性があり、受験生たちは多く頷いて聴いていました。また東進中学NETでの頑張りも披露する中、改めて志望中学での飛躍を誓っていたようです。東進生の4人の先輩たち、有難うございました!!そして、がんばれ!受験生たち!!

 

 

 

 

 

 

12.8開成中模試「解説・返却会」実施

12月8日(土)、開成中模試「解説・返却会」を実施いたしました。第2回目の開成中模試、今回も300名を大きく超える受験者になり、返却会も2箇所に分離して実施いたしました。3部制で約100組の皆さんに、今回の問題分析、受験者の今後の傾向、そして小6までに何をどう対策していくのか、ご説明いたしました。保護者の方々からは、こんなにも倍率は高くなるのか?またどのくらいで合格できるのかといった熱心な質問も飛び出しました。今後も、開成中模試に関しては受験者層の高い関心が予想され、適性検査に相応しい問題提供と合否判定を行ってまいります。

12月1日(土)スーパーキッズチャレンジテスト実施

 12月1日(土)、小1・2年対象のスーパーキッズ「チャレンジテスト」を実施いたしました。本部校・新札幌校合わせて、100名超のスーパーキッズたちが難問に取り組み、全国のキッズチャレンジグランプリ獲得を目指して、頭脳の限界に挑んでいました。本部校ではスーパーキッズ担当、廣田講師がスーパーキッズ「保護者会」を担当し、全国統一小学生テスト時と同様、「スーパーキッズの育て方」をレクチャーいたしました。特に小学校低学年から学習に対する興味・関心の持たせ方、のびのびと楽しい「知育」と「学習」を実現するスーパーキッズの考え方が十分伝わった機会になったと思います。ご参加くださった保護者の皆さん、誠にありがとうございました!