12月1日(土)スーパーキッズチャレンジテスト実施

 12月1日(土)、小1・2年対象のスーパーキッズ「チャレンジテスト」を実施いたしました。本部校・新札幌校合わせて、100名超のスーパーキッズたちが難問に取り組み、全国のキッズチャレンジグランプリ獲得を目指して、頭脳の限界に挑んでいました。本部校ではスーパーキッズ担当、廣田講師がスーパーキッズ「保護者会」を担当し、全国統一小学生テスト時と同様、「スーパーキッズの育て方」をレクチャーいたしました。特に小学校低学年から学習に対する興味・関心の持たせ方、のびのびと楽しい「知育」と「学習」を実現するスーパーキッズの考え方が十分伝わった機会になったと思います。ご参加くださった保護者の皆さん、誠にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

12月1日小6保護者会を実施いたしました!

12月1日(土)今期最後の小6保護者会を実施いたしました。午後1時、講堂を埋めた保護者さまを前に、まずは①受験まであと1ヶ月、直前対策と心構えと題したお話を、続いて②各教科直前対策と合格答案の作成法をお伝えしました。各科先生方から熱のこもった、絶対合格のメッセージは生徒たちだけではなく、保護者さまの胸にもシッカリ届いたと思います。後半は志望中学合格後、今後6ヵ年でどう難関大学への道を切り開いていくのかというテーマで、1時間お伝えしました。特に四谷大塚で飛躍的に学力を向上させた生徒たちが、志望中学に入学後も、高い目標をすえて頑張れば「東大・京大・国公立大医学部」も確実に視野に入ってくる、東進中学NETで頑張っている生徒たちはその道を正しく歩んでいるというメッセージは、こちらもシッカリと保護者さまに届いたようです。ご参加いただいた保護者さま、今回は誠にありがとうございました。東進でもシッカリと実力をつけます!

 

11月23日第2回開成中模試実施!340名受験!

11月23日(金・祝)、第2回開成中模試を実施いたしました。藤女子学園には300名を超える小4生が集結、開成中模試運営事務局作成の適性問題Ⅰ・Ⅱに取り組んでいました。また、7階大講堂では木下晴弘氏講演会を実施、こちらも写真の通り、250名を超える保護者の方々が熱心にメモを取っておりました。木下先生の講演は「公立中高一貫校とお子さまの未来づくり」と題して、「幸せな子育てのために知っておきたい5つの法則」を展開、さまざまな事例を交えて「人に与えたものは必ず自分に還る」、「存在承認が幸せへの第一歩」と情熱的に語るメッセージはビシビシ保護者の脳髄を揺さぶる。最後の、鈴木秀子さん「緑を生かす」エンディングには今回も多数の方々が感動の涙を流しておられました。木下先生、大感謝です!ご参加の皆様、今回は有難うございました!

 

11月4日(日)第2回北嶺中オープン模試実施、137名受験!

11月4日(日)、北海道本部校で「北嶺中オープン模試」今期第2回目を実施しました。本部校講堂を埋めた小6受験生100名は、入試要項変更後初めての本番に備えて、真剣に問題に取り組んでいました。最初の30分は「北嶺入試ガイダンス」を実施、北嶺入試の傾向と対策をシッカリとレクチャーしました。北嶺中入学者のうち、中1では既に20%の方々が東進中学NETで学習を進めており、且つ学年上位を占めている様子が紹介されると、頷いて聞いていた生徒たちも北嶺中学生としての自分自身に、改めてイメージをダブらせながら決意を固めたようでした。今回の北嶺中オープン模試は全道で137名が受験し、道内受験者が260名弱の中で、本模試がその50%強を集めたことになります。文字通り、唯一の北嶺模試となっています。ガンバレ!受験生!!

11月4日(日)全国統一小学生テスト実施②

 札幌藤女子学園でも小1~小5まで600名が集結!1階から4階までビッシリと教室を埋めて、受験生たちは頭脳の限界に挑んでおりました。今回は学年に分けて2つの講演会を実施、小1・2年の保護者を対象に「スーパーキッズの育て方」と題した講演会を、小3~小5の保護者の方々を対象に「ここからの10年が一生を決める」と題した講演会を実施しました。特に後者は、リンククリエイト山崎氏より基調講演を受けて、大谷中種市校長先生そして立命館慶祥右谷先生からキャリア教育や各種研修・多様な取り組みを説明、公立にはない厚みを持ったプログラムに関心が集中しました。今回は四谷初の試みでしたが、多数の保護者の方々にご参加いただき、大変な盛り上がりを示した講演会となりました。各先生方、そして山崎さま、誠に有難うございました!